UTMBロゴ

ABOUT US

About Club

伊賀トレイルランナーズクラブとは

忍者の聖地伊賀の地から、かつて忍者達が修行したであろう山道を、 時間を越えてトレイルランナーに伝えたい。
「忍者になって伊賀の屋根を駆け抜けよう。」これが、伊賀トレイルランナーズクラブです。

三重県は北勢地域に御在所岳を中心とした鈴鹿山脈、南勢地域には日本百名山である大台ヶ原を代表とする大台山脈があり多くのハイカーさんが一年を通じハイキングを楽しまれています。 私たちもトレランを始めたころは、毎週のように鈴鹿の山に出かけてはトレーニングをし、そして多くのトレラン仲間と出会うことができました。
トレーニングを一緒にさせていただく中で、彼らの山に対する情熱に刺激を受けて、また伊賀に戻り平日を過ごす日々が続いたのを覚えています。
他方、UTMFやハセツネなど主要な国内の大会を見ると三重県の出場選手の少なさに驚きました。

最近の山ガールなどに代表される登山ブームの再来もあり東京、神奈川、大阪、愛知などの都市部のトレラン人気はかなりなもので、大会の出場者の多くはそうした都市部の人が大半を占めており、残念ながら三重県からの出場者の割合はかなり低いのが現実です。また、近年のマラソン人気も凄く、先着エントリーの大会は数分で定員に達して終了したり、抽選方式の大会は応募数が定員の数倍になったりすることがしばしばです。もしかしたら、普段ロードを走るランナーの中にもトレイルを走ってみたい。でも、どうやってトレイルに入っていいのかわからない。どこで練習していいのか?一人で山に入るのは不安。などから躊躇されている方がいるのではないか?そんなことをしばしば考えるようになりました。私達は、そんな人達により沢山の人達にトレイルや山の魅力を伝えることができ、伊賀から三重そして国内のトレイルランナーを盛り上げていきたいと考え、本クラブを結成しました。

Concept

コンセプト

トレイルランニングは舗装路以外の野山を走るスポーツです。
ランニングをしながら自然を直に感じることで、自然の美しさ厳しさ尊さを感じることができます。
そこには平地では感じることが出来ない素晴らしい世界が待っています。

伊賀トレイルランナーズクラブでは、以下の基本理念を掲げ活動します。

地域間交流

伊賀の山の自然にふれ楽しむことをテーマに、地域内外のランナーおよびそこに暮らす人々との交流を深めます。

自然環境の保護

日常生活の中で感じることのできない自然を直に感じふれることでその尊さを実感することで、自然を大切に思う心を養います。山の清掃活動等を通じ環境美化に努めます。

生涯スポーツの普及

健康増進や体力向上の為、生涯スポーツとしてトレイルランニングに参加できる環境整備を行います。

Greeting

代表挨拶

小さいころから家の周りの田んぼのあぜ道や野山を走り回るのが遊びの一つでした。私たちの祖父母や両親の世代ほどではないですが今の子供ほど物を買い与えられていたわけではなく自然の中で色んな遊びを工夫して考え楽しんでいました。

私はトレイルランニングにほんの数年前に出会いました。友人の勧めによるものです。 練習もろくにせず出た最初の大会はOSJ新城32キロで、途中から四頭筋がやられたりハンガーノックになったりで走れなくなり完走するのがやっとでしたが、練習を重ねて100kmを超えるウルトラトレイルを完走できるようになりました。2016年はトランスジャパンアルプスレースという日本海(富山)から太平洋(静岡)まで北・中央・南アルプスを越える415kmのレースの選考会を突破し本戦を完走することができました。

初陣以降練習を始めようとするも練習をするためのトレイルにどうエントリーしたらいいのかは本当に手探りでネットや地図をみて苦労しながら調べて現地に入り試すの繰り返しでした。潜在的にトレランはやってみたいけどコースや練習方法がわからない。そんな人たちはたくさん居ると思います。 そんな人たちにトレイルランニングや野山での遊び方を伝えるお手伝いをしていきたいと思います。

伊賀トレイルランナーズクラブ
代表 恵川 裕行

PARTNERSHIP

Special Partner

Our Partners

ページトップ

STAFF BLOG